読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんトモの、徒然日記

おっさんになった僕が、日常生活で感じていることや、身の回りの出来事、趣味のお話などをしていきます。

寝れば上半身の疲れもスッキリします。

どうも、今日も少し早めに家を出たおっさんトモです。

少しずつ、身体の自由が増えていってます。痛みも減ってきて、動かせる範囲も増えてきて、今朝は少し大きめのくしゃみができるようになってました。
少し右手が痺れてますが、傷のせいでしょう。

昨日は退院後初出勤だったのですが、やはり疲れました。普通に動いても痛いので、帰りには上半身に気だるさがたっぷり乗っていました。
で、昨日は久しぶりに妻と横浜で待ち合わせして、はなまるうどんを食べました。昨日は釜玉に初挑戦でしたが、すんごくうまかったなぁ。

今日くらいから、また徐々に仕事が増えます。頑張っていかないと。

そういえば、昨日、京急線で人身事故がありました。妻は、ちょうど次の電車だったようで、横浜まで来るのに結構時間かかってましたね。
こっちは肺に穴空いて、手術で切り取ったりくっつけたり、身体を直しながらなんとか生きてるのに、電車に飛び込んで全部ぐちゃぐちゃにしちゃうなんて、なんて事でしょうね。

時々考えるのですが、自分一人死んだところで、世の中はそれほど変わりません。ただ、一人リタイアしただけの事。蟻の大群の中の一匹が死んだって、蟻の巣から見ればほとんど変わりません。
でも、生きている事による影響というのは、少なからず世の中に影響を与えるものと思います。良くも、悪くも、自分が何かを行うという事、それがたとえばコンビニで飲み物を買うような些細な事でも、なにかしらの影響はある訳です。
つまり、生きている事の世の中へのインパクトに比べれば、死ぬ事による世の中へのインパクトなんて微々たるものだという事です。死んだ瞬間にインパクトが大きいということは、生きていた時の結果ですからね。

だったら、生きていた方がいい。
まぁ、ちょっと乱暴な理屈ですけどね。本当はもっと、論理的に説明したいのですが、文章にすると長くなるので割愛!

さて、ちょっと変な方向になってしまったのでこの辺で。
今日も大雨に負けず頑張ります。