おっさんトモの、徒然日記

おっさんになった僕が、日常生活で感じていることや、身の回りの出来事、趣味のお話などをしていきます。

辛い物ばかりではあれなので

超珍しく、二日連続投稿。どうも、おっさんトモです。

 

昨日、辛い物にはまっているという記事をあげたばかりですが、今日はこんなものが売っていたので買ってきました。

 

f:id:tomoguitar:20180910001301j:plain

 

これはね、ちょっとしたネタです。

さすがに食べたいと思わないけど、面白そうだから買ってみたものです。

確かに、カップ焼うどんの麺がどことなく団子の味や触感に似ていなくもないかもしれないけど、これはおいしそうじゃないなー。

 

しかも、たぶんですが、うっすらソースの味残してるんですよね。

 

これは、開封せずに終わりそう。。。

みんなが食べているからつられたというわけではありません。

土曜の夜中、いかがお過ごしでしょうか。どうも、おっさんトモです。

 

通勤時間が片道2時間半の私は、結構YouTubeをみて過ごしていることが多いです。

そんな中、ここ数日YouTuberがこぞって食べているものがあります。

それがこれです。

 

じゃーん!

 

f:id:tomoguitar:20180909015230j:plain

 

そうです。ペヤング激辛MAX ENDです。

もうだいぶ今更感あるので、何がじゃーんだよって感じですね。

今や、皆様、毎日コンビニでお目にかかっていると思います。

 

たまたま、帰宅帰りにセブンイレブンをのぞいたら、まるか食品さんがまた変なものを出している!これは即買い!

で、ニュースなどを調べると、今日が発売日だとのことで、とてもタイムリーな時にコンビニに寄ったものだとうきうきして家に帰りました。

 

私が驚いたのは、その後数日間、YouTuberの動画がこの焼きそば一色になったことです。みんな、いいネタキターーーーー!!って感じだったのでしょう。

みんなこぞって辛さに悶える動画を投稿していました。お疲れ様です。

まるか食品さんにとってはいい宣伝になったのではないでしょうか。

 

ちなみに味は、身体が「こいつは危険だぜ!」って反応するくらいの辛さです。しばらくしゃっくりが止まらなかった。注意して食べろって言われても、そもそも小さなお子様や辛い物が苦手な人はこんなものに手を出さんだろう。。。

どのくらいのスコビル値なんだろうと思って結構調べたんですが、出てきませんでしたね。間違いなく辛ラーメンよりは辛いと思うのですが。

 

見た目は普通のペヤングとそれほど変わらないんですけどね。

 

f:id:tomoguitar:20180909021020j:plain

 

さて、わたくし、ここ数年、辛い物がなぜか好きになってきています。それも激辛でないと満足できないくらいです。だから、今回も、このようなパッケージに飛びついたわけですが。

会社のそばにはそばが隠れるくらい七味を振ります(結構恥ずかしい)。激辛のインスタント麺があるととても興味をそそられてしばらくその場を右往左往します。カルディなんて行くと、珍しいインスタント麺が結構多く置いてあり、買ってしまうことが多いです。

流行りというのはあまり関係ないと思います。ミーハーな私ですが、流行っているから激辛のものが食べたくなったというわけではないんですね。

 

いつからだろうと思い返してみると、数年前、名古屋に妻と一泊旅行をしたことがありました。ご当地の名物をたくさん食べようという事になり、小倉トースト、味噌煮込みうどん、手羽先、ちょっと変わり種では珍喫茶マウンテンの抹茶小倉スパというものも食べました。

その時、ちょうど名古屋に住んでいた友人に聞いたおすすめというのが、味仙の台湾ラーメンというものでした。

私が行ったのは、味仙の今池本店というお店で、食事時は少しずれていたと思うのですが、結構お客さんがいました。

お店は、なんというか、本格的な中華食堂さんという感じ。店内は中国っぽいです。

興味のある人は見てみてください。リンク貼っときます。

www.misen.ne.jp

 

で、言われた通り、台湾ラーメンというものを注文し、常連っぽい人たちがみんな頼んでいる青菜炒めも一緒に頼みました。

出てきたのは、思っていたより小さな器に入った、ひき肉の乗ったラーメン??のようなもの。麺は細くてまっすぐです。そういえば、上海に出張したとき、このような麺のものがあったような・・・なかったような・・・

などと考えながら、食べました。

はじめは、まぁ、おいしいな。スープもいいな。ひき肉がいい感じで全体的にとてもまとまっている。でも少し辛いな。などと思いながら食べ進めていきました。実際、味はとてもおいしくて、あっさり風のスープと麺にひき肉のしっかりした味がとてもうまみを出していたように記憶しています。

食べ進めていくうちに、汗が止まらなくなり、頭から水を浴びたみたいになっていました。不思議で、激辛という感じではなかったけど、なぜか汗が止まらない。脳天から毛穴という毛穴が開ききっている感じ。青菜炒めもとてもおいしかったのですが、それよりも汗がすごかった印象が強いです。

食べ終わり、会計を済ませ、店の外に出ると、風が汗を鎮めていってくれる。本当にすがすがしい。なんて気持ちのいい食べ物だと思いました。

 

それからでしょうかね。辛い物が少しずつ気になりだしたのは。

 

とても好きなYouTubeの動画のリンクはっときます。

激辛に立ち向かう生々しさがとても好きです。

 

www.youtube.com

 

最後に、今日近所のスーパーで見つけました。

最近、寿がきやのインスタント麺もよく見るようになりました。

f:id:tomoguitar:20180909030331j:plain

とても雰囲気は出ているのです。出ているのですが、でも、やっぱりどこか物足りないんですよね。

と思っていたら、昨年、東京神田にも味仙ができたようです。

今度行ってみようっと。

 

ではでは!

土曜日の夜中に、普段思っているけどなんとなく言いにくいこと

とてもお久しぶりです。どうも、おっさんトモです。

 

※今回の記事は、とても長いです。だらだらしています。内容もないです。

とてもつまらないので、読まないことをお勧めします。

 

なにかしなくてはと考えて早数年。今日もいつもの週末が終わっていきます。

数年前にバイクを手放して、ギターもあまり弾かなくなって、ただ歳だけがどんどん増えていきます。やりたいことが数えきれないほどあったあの頃が嘘みたいに、今はひたすら普通の生活を繰り返しています。

 

仕事が忙しいからかな。

 

実は充実していることに気づかないだけかな。

 

なにか、自分がいろいろなものから避けるように、忘れるように生きているような気がします。

先日、気分転換に釣りに行きました。イワシが5匹しか釣れず、散々な結果だったけど、少し昔の気持ちが戻ってきたような気がしました。

その夜、同居しているお義父さんに、「遊びなんてどうでもいいんだから、住まわせてもらってる家なんだから草とりとかするべきだよな」と言われてしまった。どうやらその日は暑い中、家の周りの草取りをしていたらしい。疲れてイライラしていたのだろう。

言い返すと面倒になるので、「おっしゃる通りです」とだけ言っておいた。

草取りをするなんて、何も言ってなかった癖に、たまに遊びに行くとこんなことを言われる。草取りするなら前もって言ってくれればいいのに、そういうのは言わずに、たまたま手伝えば何も言われないが、予定が合わなければ文句を言われる。気持ちはわかるが言い分はわからん。後で文句言うくらいなら、最初からそう言えばいいのに。まぁ、お義父さんがゴルフの時に自分が草むしりをしていたことなんてないから、言われても仕方ないのかもしれないけど。

 

また、休日に家から出る気がなくなるんだろうな、と自分の今後を変に客観的に予測する。平日、遠くまで通っているのは知っているから(片道2時間半かかる)、遅くまで寝ていてもあまり文句は言われない。それが自分の贅沢なのだろう。

だから、休日は家でこもって過ごすことが多い。妻がいるときは文句を言う暇も与えず出かけるから、それに付き合っている風を装って一緒に家をでる。

ここにきてから、こんな生活がもう4年くらい経つかな。

そんなことが結構頻繁に起こる。ここには書くことじゃないこともたくさん起こる。自分が言えば、誰かが傷つくのだろう。黙っているのは簡単だ。自分だけが我慢をすることは簡単だ。

 

それでも、何かをしたいとずっと思っている。何かを変えたい。何かを始めたいと思っている。ずっと思っている。

 

小さなことでもいい。ちょっとした事でもいい。少しだけお金をかけて、少しだけ贅沢なことがしたい。

息子が今年大学受験で、あと4年半(現役で行ってくれれば)耐えれば、我が家の氷河期も終わる。そうしたら、少しは余裕ができるし、時間やお金も自分にかけられるようになるかもしれない。その時はたぶん自分は38くらい。

その時まで、自分の何かしたいという気持ちが残っていてくれたら良いんだけど。

 

仕事も、どうなのだろう。自分は、車好きだから、自動車の開発の仕事をやってきている。給料はそれほど良くないけど、とても充実していると思っているし、やりがいも感じている。評価もされていると思う。ここ数か月なんて、ちょうど忙しい時期真っただ中で、夢中になっていろいろ忘れることができている。深夜残業もほとんどないし、休みもきちんととれる。長期休暇は12~14日くらいはあるし、まとまった時間は取りやすい環境ではある。周りの仲間や上司も意識が高くて、本当にいい人たちばかりで信頼できている。なにも文句がない職場だと思う。

ただ、これが一生続いていく仕事だというイメージが沸かない。本当にこれでいいのかなぁって気持ちがずっとあることはある。かといって、転職したいとか、ほかに何かやりたいことがあるわけでもない。なんとなく、この状況がダラーっと続いていく事に不安を感じている。

 

車好きだから、自分の好きな車に乗りたいし、自分のやりたいことに時間を使いたいんだけど、なかなか難しい。

 

こうやってだらだら書いていて思うのは、結構我慢しているんだなぁという事。世の中のお父さんはみんな少なからずこうなんでしょう。責任という目に見えない大きなものを抱えて生きてる。今思えば、今思えばね、自分にとっては、結構唐突だったかもしれない。散々自由に生きていた20代のあの時、10歳以上の妻と結婚して、高校生と、中学生に上がる前の子供たちの父親になって、少し後に妻が以前に建てていた二世帯住宅に入ることになって、この間まで反抗期の子供だった自分は急激に大人にならなくてはいけなかった。戸惑うことも、我慢をすればそれなりにうまくいった。

世の中のお父さん、お母さんは本当にすごいと思いますよ。自分の事を差し置いて、子供の事を第一に考えることが自然にできている。自分の分身だからね。自分の子供の幸せを追い求めることが自分の欲望を満たすことにも繋がるんでしょう。だから、自分がこんなことを書いている事自体、かなり甘えているんだなぁとも思うし、結婚を覚悟した時にすべてわかっていたこと、今さら悩むべきことじゃないという事もよくわかっているんですよね。

 

実際、子供たちには結構支えられていて、そりゃ、傷つくような言葉を投げられたこともあったけど、子供たちのためにしてやれることはなんだってしてやろうって思っているし、そうしてきたと思う。結婚前に、子供は大人の身勝手な都合で振り回されているだけで、何にも罪がない。だから、彼らが不幸になるようなことだけは避けなければならないと思っていたけど、それは今も強く思ってる。それが、ときどき折れそうになる自分自身を奮い立たせる原動力になっていることは間違いない。

 

でもね、きちんと”家族”になるにはどうしても時間かかります。

 

自分の立ち位置がよくわからなくなる時はよくあるし、なんか、居候か?と思うこともあるし。あ、先ほどああ書いといてなんですが、向こうの両親には普段はとても良くしてくれています。ただ、息子が暴れてどうしようもない時とか、そんなときばかりに「父親がちゃんとやるべきだ」「幸せにすると約束したよな」と言われてもね、正直きついものがありますよ。落ち着いて話して、場を何とか落ち着けて、それでも大人がまだぐちゃぐちゃ言ってると、俺にやれと言っただろう。ぐちゃぐちゃ言わないで任せろや!何もできない奴は黙ってろ!!と思います。。。

 

なんか、話があっちにこっちに触れてしまいましたが、言いたかったことは、何か始めたいなと思っているという事。何か変えたいなと思っている事。

でも全然なにも始められない。なにも変えられない。明日の夜は仕事のことを考えてしまっているから、今のうちにもやもやした気持ちを吐き出してみようというおっさんの企みです。

 

まぁ、来週またのんびり考えよう。。。