読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんトモの、徒然日記

おっさんになった僕が、日常生活で感じていることや、身の回りの出来事、趣味のお話などをしていきます。

プレゼンテーション手法のPREP法をPREP法で説明してみる。

Point

PREP法とは、とても効果的なプレゼンテーションの手法の一つである。

プレゼンテーションの構成を、Point(結論)、Reason(理由)、Example(例)、Point(結論)の順にまとめたものである。

結論を一番始めに置き、その理由を説明し、例をあげ、最後に結論で締めくくる。


Reason

PREP法の利点は、論理的にプレゼンテーションを進める事ができるところにある。始めに結論をはっきり示すことによって、聞く側も要点をうまく整理しながら聞け、プレゼンテーションに説得力を持たせやすくなる。


Example

たとえば下記の文章がある。

「ここで降りたら次の電車まで待たなきゃいけないしな、今は座れてるのに次は絶対座れないな。少しトイレに行きたいけど、僕は途中下車出来ない。」

これをPREP法で書くと、

「僕は途中下車することは出来ない。

なぜならば、帰宅ラッシュの満員電車の中で奇跡的に座れているからだ。

ここで降りてしまったら次の電車を待たなければいけないし、満員電車で立たなければいけない。

だから僕は、たとえトイレに行きたくても、途中下車するわけにはいかないんだ。」

となる。

また、次の文章がある。

「どうしてもトイレに行きたくて、お腹痛くなりそうだったし、漏らしたら大変だから、途中下車した。」

これもPREP法で書くと、

「僕は途中下車した。

トイレがどうしても我慢出来なかったからだ。

あのまま乗っていればお腹が痛くなっていたかもしれない。最悪、漏らしていたかもしれない。

だから、僕は途中下車をした。」

となる。


Point

PREP法はとても効果的なプレゼンテーションの手法である。





PREP法を理解して頂けたでしょうか(笑)